自転車保険

考える男性

自転車での事故も増えてきて、歩行者にぶつかって重大な怪我を負わせた場合などは、かなり高額な支払いが必要になってきます。子供が事故を起こした場合でも、子供だからといって免責されませんので、いざという時のために自転車保険に加入する人もいます。自転車保険で保証されるのは、相手に怪我をさせた時、ものを壊した時、自分が怪我をした時、自転車が盗難にあった時などです。特に電動アシスト自転車などのように高価な自転車ですと、盗難に備えて自転車保険を掛けたほうがいいと思うでしょうが、電動アシスト自転車を購入した時にメーカーの盗難補償がついていますから、その特約をはずすことで保険料をもう少し安くすることができます。

自転車保険に加入するメリットは高額な賠償金に備えることです。自転車も道路交通法上は軽車両ですので、自動車と同様の罰則規定も定められています。相手に怪我をさせるだけではなく、事故を起こした時は自分に対しても車よりもはるかに危険ですから、大怪我になることもあります。ぶつかったものを壊してしまうこともあります。どの場合でも入院費や、治療費、損害賠償など高額な金額が必要になってきます。必ず掛けたほうが良い保険です。自転車保険のいいところは、ほとんどが家族型になっているところです。その自転車に乗る家族全員が保証されます。自分に落ち度がなくても事故をもらうこともありますので、いろいろ比べながら一番いい保険に加入しましょう。